コンテンツへスキップ
   

2021年度 全国ロービジョンセミナー『コロナ禍における視覚障害者の生活と職業』


主催  社会福祉法人日本視覚障害者職能開発センター
後援  読売光と愛の事業団

1.概要

「2021全国ロービジョンセミナー」では、『コロナ禍における視覚障害者の生活と職業』をテーマに開催いたします。午前は視覚障害当事者・支援者の立場からコロナ禍における視覚障害者の生活上の変化について、および、三療(あん摩・マッサージ・指圧、はり、きゅう)の支援団体の立場からコロナ禍下における視覚障害三療師の業の現状と課題についてご講演をいただきます。そして午後には、視覚障害者の就労継続に関連して、テレワークをテーマに報告およびパネルディスカッションを行います。
これらの企画を通して、本セミナーが視覚障害者の就労拡大、さらには就労継続へ結びつくきっかけとなることを願っております。
※本セミナーはすべての視覚障害者の方に共通する内容です。

※新型コロナウイルス感染防止のため、例年実施させていただいておりました、以下の事項について、今年度は実施いたしません。ご了承ください。
①駅から会場までの誘導ボランティアの配置
②ロービジョン機器等展示会
③昼食の注文受付(ご持参いただいた昼食を黙食していただくことは可能です。)

 

2.開催日時

令和3年12月4日(土) 10:00~16:00

 

3.参加方法

会場参加(※戸山サンライズ)+Web会議サービス「Zoom」を使用したオンライン参加を組み合わせたハイブリット型での開催

※戸山サンライズ(全国身体障害者総合福祉センター)
東京都新宿区戸山1-22-1
Tel:03-3204-3611

 

4.申込方法

セミナー申込ページより、申込フォームにアクセスしてお申込ください。
(URL) www.jvdcb.jp/seminar/lowvision/entry/

 

5.参加費

無料です。

 

6.定員

会場参加 50名、Zoom参加 250名(いずれも申込先着順)

 

7.申込期限

令和3年11月26日(金) 16時迄

 

8.プログラム(敬称略)

内容時間詳細
受付9:30~10:00
開会式10:00~10:10
講演10:10~11:10「コロナ禍における視覚障害者の生活上の変化について」
日本弱視者ネットワーク 代表
公益社団法人東京都盲人福祉協会 中途失明者緊急生活訓練指導員 白井夕子 氏
11:10~11:30休憩
11:30~12:30「コロナ下における視覚障害三療師の業の現状と課題
~晴眼業者との比較を中心に~」
一般財団法人 一枝のゆめ財団 常務理事 藤井 亮輔 氏
昼食12:30~13:30
報告13:30~14:00「在宅勤務中の視覚障害者を対象としたアンケート調査結果」
日本視覚障害者職能開発センター 施設長 伊吾田 伸也
14:00~14:30「オンラインシステムを活用した視覚障害者への在宅職業訓練の実践」
日本視覚障害者職能開発センター 就労移行支援部長 坂田 光子
14:30~14:45休憩
パネルディスカッション14:45~15:55『テレワーク~視覚障害者にとってのチャンスか⁉~』
進行 柳田 友和(日本視覚障害者職能開発センター 主任職業指導員)
パネリスト 上田 元彦 氏(株式会社中村商会)
村山 友美 氏(株式会社かんぽ生命保険)
山下 大樹 氏(株式会社吉村)
閉会式15:55~16:00

 

9.お問い合わせ先

日本視覚障害者職能開発センター
〒160-0003  東京都新宿区四谷本塩町2-5
TEL  (03)3341-0900
Mail   Lv2021@jvdcb.jp
セミナー受付担当 柳田(やなぎた)・藤縄(ふじなわ)